秋はカビの繁殖にもっとも注意が必要!この事実ご存知ですか?

秋のカビ対策

”秋はカビが繁殖しやすい”という事実をご存知でしょうか?

意外と知られていませんが、秋はカビが生えやすい季節です。

専門家は、「住宅のカビで注意が必要なのは秋」と指摘をしています。

一見カビのイメージがない秋ですが、なぜそうなのでしょうか?

 

降水量が一番多い季節は「秋」

6月、7月に比べて、9月、10月のほうが実は降水量が多い。

「秋雨(あきさめ)」という言葉があります。

天気予報で「秋雨前線」という言葉を聞いたことがありますよね?

秋、特に9月、10月は雨がもっとも降りやすい季節なのです。

雨が降ると湿度が高くなるので、カビが繁殖しやすい環境になります。

 

秋は、カビが繁殖しやすい気温

湿度の他に、カビの発生には気温が大きく関わっています。

カビは、25度~28度で湿度が高いと繁殖しやすいと言われています。

雨が多くなる秋は、真夏に比べて気温が少し下がり、25度~28度になります。

そうなると、カビが繁殖しやすい環境です。

 

以上の理由から、秋はカビに注意をしなければいけません。

カビの発生を防ぐには、換気をまめにしっかり行うことが大事です。

カビは繁殖しそうな風呂、台所、洗面所は防カビ剤を使うのが最適です。

大掃除をはじめる前に、秋の季節にカビ対策を行いましょう!

 

お電話やメールでご質問やご注文を受け付けております。

気になる方は、お気軽にご連絡下さい!

 

業務用防カビ剤セナ販売「カビストップ」

フリーコール:0120-00-4448

受付時間:平日10時~18時