ストーブを使うとカビが生えるって本当?その理由と注意すべき点とは

ストーブのカビ対策

寒い冬の必須アイテムといれば、ストーブ。

ストーブがない冬の生活は無理、という方はきっと多いはず。

寒い日にストーブの存在は欠かせませんが、1点注意が必要です。

ストーブを付けることで、カビが発生しやすい環境となります。

 

なぜ、ストーブを付けるとカビが発生しやすくなるのか?

その理由は、燃焼と同時に水蒸気を放出するからです。

石油ストーブやガスストーブといったお部屋の中で燃焼するタイプの暖房器具の場合、燃焼と同時に水蒸気を出しますので、室内の湿度が高くなりやすくなります。

その結果、結露を引き起こす原因となってしまい、壁や床などにカビが生えることになります。

 

では、どうすればカビの発生を防ぐのか?

やはり、しっかり換気を行うことが重要です。

寒くて窓を開けたくなくないですが、定期的に換気をすることです。

そして、結露が発生していないか窓をこまめにチェックし、布巾でしっかり拭くことです。

絶対にカビを発生させたくない方は、お部屋に防カビ剤を使うことがおすすめです。

 

これから冬本番でストーブが大活躍する季節です。

ストーブが原因でカビが生える可能性があるので、是非ご注意下さい。

 

電話やメールでご質問やご注文を受け付けております。

気になる方は、お気軽にご連絡下さい!

 

業務用防カビ剤セナ販売「カビストップ」

フリーコール:0120-00-4448

受付時間:平日10時~18時