意外なカビスポット「浴室の扉」のカビを防ぐ!

カビの生えやすい場所といえば浴室ですが、カビ対策は大丈夫でしょうか? 壁や床にカビは生えていないし、排水溝もキレイですと、自信満々に思っていても、実は見落としているかもしれませんよ? 例のカビスポットを…。

意外と見落としがちなカビスポット「浴室の扉」

浴室のドア

浴室には壁の目地や床、シャンプーボトルのような小物の裏側や排水溝など、カビが生える場所は比較的目につきやすい場所ばかり。しかし、浴室内部と同じくらいカビの生えやすい条件なのに、つい見落としてしまいがちになるのが、浴室の扉です。入浴中は扉は閉めたままですし、浴室から出る時も気にしていないことが多いため、気づくとカビだらけになっていることもあります。

レールの汚れは歯ブラシでキレイに

浴室の扉の中でも、開閉するためのレールが特に汚れが溜まっています。レール部分に溜まった汚れは、歯ブラシや綿棒などを使って、キレイにかき出すのが効果的です。また、扉の下部に通気口があるタイプの場合、通気口にホコリが溜まりやすいので、通気口も忘れずに掃除しましょう。メーカーによっては、扉を取り外すことも可能なので、取扱説明書等をよく読んで、キレイに掃除をしましょう。

水に強い防カビ剤「セナシールド」でカビを防ぐ

どれだけキレイに掃除をしても、カビが一度生えてしまったら、厄介なことになります。カビのない、キレイな扉を保つためにも、水に強い防カビ剤「セナシールド」の使用をおすすめします。「セナシールド」は、通常の防カビ剤と異なり、水に溶けたり蒸発したりせず、素材に浸透して効果を発揮するので、水回りでも長期間効果が持続します。セナシールド1本で浴室中だけでなく、トイレやキッチンなど、様々な水周りのカビ防ぎます。送料も無料なので、お買い得です!

>>「セナシールド」アイテム一覧はこちら


カビストップ_ロゴ

運営会社:株式会社アイポケット
フリーダイヤル 0120-00-4448(平日 10:00〜18:00)
お問い合わせはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加