カビが気になる場所! キッチン・シンクのカビを防ぐ

カビの生えやすい場所といえば、浴室やトイレなどを思い浮かべる方が多いと思いますが、キッチンも例外ではありません。今回は、キッチンで一番カビが気になる場所・シンクのカビ予防についてご紹介します。

食べ物に近いシンクのカビは気になる

キッチンシンク

普段は気にならなくても、切った野菜がシンクに落ちてしまったりすると、雑菌とか大丈夫かな?と少し不安になりませんか。水洗いして火を通せば大丈夫! と思っても、サラダに使う食材や子供が食べるものだと、心配はつのります。神経質になりすぎるのも良くありませんが、普段から清潔に保つことで、不安を減らすことができます。

カビ取りには塩素系漂白剤がおすすめ

キッチン_排水溝

キッチンのシンクにカビが生えてしまった場合、おすすめなのは塩素系の漂白剤です。シンクに直接スプレーするか、漂白剤を薄めた水でシンクを浸し、軽く掃除をすればOKです。漂白剤を使うのに抵抗を感じる方は、シンクに重曹をふりかけて、しばらくしてからこすり洗いをするのも効果があります。

カビの予防には水に強い「セナシールド」

シンクにカビが生えた場合には、漂白剤や重曹で対応すればOKですが、カビを生やさないようにするには、専用の防カビ剤をおすすめします。「セナシールド」は、素材に直接浸透して効果を発揮する防カビ剤なので、頻繁に水を流すシンクのような場所でも効果を発揮します。スポンジや筆を使って、薬剤を塗り込むだけで簡単にできるので、カビが気になる方には、おすすめの1本です。

>>「セナシールド」アイテム一覧はこちら


カビストップ_ロゴ

運営会社:株式会社アイポケット
フリーダイヤル 0120-00-4448(平日 10:00〜18:00)
お問い合わせはこちら