便器の汚れはタンクから? トイレタンクもカビ予防

便器についた黒ずみは、なかなか落ちないですし、キレイに掃除しても、すぐに黒ずんでしまうことも。それ、トイレのタンクに原因があるかもしれませんよ。

便器の黒ずみはカビ入りの水で洗っているから?

トイレ_便器

「トイレを洗っているのは、実はカビだらけの水なんですよ」と聞いたら、びっくりするかもしれませんが、試しにトイレタンクのフタを開けて見てください。普段は見えていないだけで、結構カビが生えていたのが確認できたかと思います。トイレを流すたびに、タンクで繁殖したカビの一部が便器を洗浄し、カビの一部が便器で成長しするのが、便器の黒ずみの原因です。便器の黒ずみは、トイレタンクのカビを減らすことで解決できます。

トイレタンクは中性洗剤でこすり洗い

トイレ_タンク

トイレタンクを掃除する場合、まず、止水栓を止めてタンクの水を抜きます。タンクのフタや内部についたカビは、トイレ用の中性洗剤を付けたスポンジを使ってこすり洗いをします。汚れがしつこい部分は、歯ブラシを使ったり、メラミンスポンジなどを使うのもおすすめです。なお、酸性やアルカリ性の洗剤を使うと、タンク内のゴムパッキンなどが劣化する原因にもなるので、中性洗剤をおすすめします。

トイレのカビは「セナシールド」で防ぐ

トイレタンクの掃除は定期的に行うにせよ、ここまで大変なのはもうイヤ! という方は、防カビ剤「セナシールド」を使って、トイレタンクのカビを防ぐのはいかがでしょうか。「セナシールド」は、水に溶けて効果が薄まる従来の防カビ剤とは異なり、素材に浸透して防カビ効果を発揮します。トイレタンクだけでなく、トイレの便器や手洗い場、浴室やキッチンにも使えるので、家のカビを防ぎたい方にはおすすめのアイテムです。

>>「セナシールド」アイテム一覧はこちら


カビストップ_ロゴ

運営会社:株式会社アイポケット
フリーダイヤル 0120-00-4448(平日 10:00〜18:00)
お問い合わせはこちら