フローリングのカビに注意! カビを生やさないための対策とは?

爽やかなフローリング

カビの生える場所といえば、浴室やキッチン、トイレといった水回りを想像しますが、住宅のあらゆる場所にカビは発生する可能性があります。意外な場所ではフローリングの床なども、カビが生える危険性があるんです。今回は、フローリングにカビを生やさないための対策を紹介します。

フローリングにカビが生える原因とは?

フローリング&カーペット

浴室やキッチン、トイレといった水回りとは違い、フローリングには湿気のこもるような場所はあまり思いつきませんが、盲点になっている場所は意外と多くあります。風通しの悪さや低湿地、周囲を木々に囲まれているといった立地条件だけでなく、普段の生活の中でもカビが生える危険性があるので、一度チェックしてみましょう。

【フローリングのカビ危険度チェック】
  • 普段からあまり換気をしない
  • マットやカーペットを敷いている
  • 布団を床に敷いたままにしている
  • 湿気のたまりやすい場所に家具がある
  • 観葉植物がたくさん置いてある
  • フローリングにカビが生えてしまったら?

    拭き掃除

    フローリングにカビが生えてしまったら、まずはカビが生えた部分をキレイに拭き取りましょう。掃除機で吸い込んでしまうと、カビの胞子を撒き散らしてしまう可能性もあるので、掃除機は使わないようにしましょう。また、浴室やキッチン周りのカビ取り剤を使うと、フローリングのワックスが剥げてしまい、フローリングを傷つけてしまいます。フローリングが変色しない程度に、消毒用のエタノールなどを薄めてカビを拭き取ると効果的です。

    フローリングにカビを生えさせないためには?

    フローリング掃除

    フローリングのカビを防ぐには、定期的に掃除をした上でフローリングとの接地面に湿気がこもらないように工夫をする必要があります。布団の下にすのこを敷いたり、カーペットの下には除湿シートを敷いたりすると効果的です。また、家具も壁際から少し離して置くようにすると、風の通り道ができて湿気がこもりにくくなります。

    安全性も高い「セナバリア」ならフローリングでも安心

    フローリングに座る家族

    除湿シートや換気の対策だけでは不安だという方には、スプレーするだけでカビの発生を防いでくれる防カビ剤「セナバリア」をおすすめします。「セナバリア」は、カビや細菌、藻類の成長を阻害するメカニズムによる高い防カビ性を実現したことと同時に、世界一基準が厳しいEPA(アメリカ環境保護庁)の安全性認定ナンバーを取得するなど、高い安全性も実現しています。小さな赤ちゃんのいるご家庭でも、安心してお使いいただけます。使いやすい300mlのスプレータイプに加え、家をまるごとカビから防ぐ大容量の4ℓタイプなどもご用意しておりますので、ぜひお買い求めください。

    セナバリア_バナー

    >>「セナバリア」のアイテムはこちら


    カビストップ_ロゴ

    運営会社:株式会社アイポケット
    フリーダイヤル 0120-00-4448(平日 10:00〜18:00)
    お問い合わせはこちら