要注意のカビスポット! トイレの床や壁も防カビ

カビの生えやすい場所と言えば、水回りの浴室とキッチン、トイレがまず挙げられます。カビが生えないように、トイレタンクや便器はキレイに掃除しているから安心、と思っているあなた! トイレの床や壁のカビは、本当に大丈夫ですか?

見落としがちなトイレの床や壁の汚れ

トイレ_イメージ

トイレのカビと言えば、便器やトイレタンクに着いたカビを連想しますが、実は床や壁もカビの危険スポットなんです。一般の家庭では、配管や建物の構造上、トイレは日当たりの良くない北側に位置していることが多くあります。また、建物の構造や配置によっては、風通しが悪く、湿気がこもりやすいという場合もあります。水を使う場所であり、かつカビの生えやすい条件にあるトイレは、部屋全体にカビの注意が必要なのです。

目に付きにくいトイレの奥のカビには注意

拭き掃除

トイレの中でも、便器の奥にある壁や床は、湿気がこもりやすい上に、目に付きにくく、掃除もおろそかになってしまいがちな場所です。一見するとキレイになっているから大丈夫と思っていても、配管からほんの少しずつ水が漏れてて、気がつくとカビが生えていたり、床板が傷んでいたなんてことも。汚れや変化に気づきにくい場所だからこそ、普段から見落とさずに掃除をするように心がけることが大切です。

セナバリアで家中のカビを防ぐ

防カビ剤「セナバリア」は、家中の壁や床など、あらゆる場所にスプレーするだけで、簡単に使うことができます。トイレの奥の壁や床、湿気がこもりがちなクローゼットや押し入れの中、キッチン下の収納や下駄箱など、あらゆる場所のカビ予防に役立ちます。1本あるだけで、家中のカビ予防に役立ちますので、ぜひお買い求めください。

>>「セナバリア」アイテム一覧はこちら


カビストップ_ロゴ

運営会社:株式会社アイポケット
フリーダイヤル 0120-00-4448(平日 10:00〜18:00)
お問い合わせはこちら