ブーツのカビを防ぐ! ブーツと下駄箱の効果的なカビ対策とは?

過ごしやすい季節になり、そろそろお気に入りのブーツを今年も履こうかしら、なんて下駄箱を開けたら、カビだらけでとてもじゃないけれど履けない。。。なんてことありませんか? 実は、普段当たり前のように行っていることが、ブーツをカビさせているかもしれません。今回は、お気に入りのブーツをカビさせない方法をご紹介します。

ブーツをカビさせるNG行動とは?

ブーツを履いた女性

ブーツをカビさせてしまうNG行動とは、一体どのようなものなのでしょうか?

  • 履き終わった靴をすぐに下駄箱にしまう
  • 少しくらい靴が濡れていても気にぜず下駄箱にしまう
  • 下駄箱を開けるのは靴を取り出す一瞬だけ
  • 型崩れを防ぐシューキーパーなどを使っていない
  • 下駄箱やシューケースの除湿剤を取り替えていない

結構、当たり前のようにやってしまいがちなことが多いですね。靴やブーツは汚れていないように見えますが、実はそんなことはありません。何日も続けて来たシャツを、洗濯せずにしまってしまえば、当然カビが生えますし、臭いやシミも残ります。同じことをブーツにしていると考えれば、カビが生えたりするのは、当然のことと言えるでしょう。

ブーツをしまう時にしたいカビ対策とは?

カビが生えてしまうNG行動を踏まえ、ブーツを履くときや、下駄箱にしまう時に行いたいカビ対策として、以下の内容が挙げられます。

  • 履いたブーツは汚れを落とし、陰干しをして湿気をとる
  • しまう時には、シューキーパーや除湿剤などを使う
  • ブーツは同じものを何日も続けてはかない

ブーツをしまう時には、きちんと汚れと湿気を取り、ブーツの中に湿気がこもらない様にするのが大切です。

下駄箱のカビ対策とは?

下駄箱_イメージ

ブーツだけでなく、下駄箱もカビ対策を行わなければ、下駄箱内の靴がカビで全滅してしまうこともあります。下駄箱のカビ対策には、以下の内容が挙げられます。

  • 下駄箱は定期的に換気をして空気を入れ替える
  • 濡れて湿気の多いままの靴をそのまま入れない
  • カビが生えないようにすのこを敷いたり、除湿剤などを使う

下駄箱には湿気がこもらないよう、換気をしたり除湿剤を使うことが大切になります。

ブーツも下駄箱も防カビ剤「セナシリーズ」でカビ対策

お気に入りのブーツをカビさせないために、万全のカビ対策をしたいという方は、防カビ剤「セナシリーズ」が効果的です。下駄箱をはじめ、クローゼットやフローリング、リビングの壁や家具など幅広い場所に使える「セナバリア」と、ブーツや革靴、衣類や布団、カーテンなどの布類に使える「セナコート」をご用意しています。「セナバリア」と「セナコート」がセットになった「防カビ剤 新築・転居祝いセット」であれば、全国送料無料でお届けしておりますので、お得にお買い求めいただけます。

セナコート&セナバリア

>>「防カビ剤 新築・転居祝いセット」はこちら


カビストップ_ロゴ

運営会社:株式会社アイポケット
フリーダイヤル 0120-00-4448(平日 10:00〜18:00)
お問い合わせはこちら