入居前の防カビ対策が、マイホームを守るコツ!

新築マンションはカビが発生しやすい!

マンションなど鉄筋コンクリート建物の建築直後は、コンクリートが完全に乾いていないため水蒸気が発生しやすく、カビも発生しやすい状態になります。
壁から湿気が出てくるので、壁の内側や壁紙、その壁に面しているお部屋、タンスや家具の裏、畳などは特にカビの発生に注意しなければなりません。

現代住宅にはカビの危険がいっぱい!

一戸建て住宅にもカビの危険が潜んでいます。現代の住宅に多いのが、地球環境を考えた省エネ効果と生活の快適性を両立させた高気密・高断熱の住宅。「夏涼しく、冬暖かく、自然にやさしい」という快適住宅ではありますが、実はこの環境がカビやダニの発生、雑菌の繁殖の原因に。そしてこれらは、アトピーやアレルギーなどの原因ともなります。
高気密・高断熱住宅は一年中快適な生活環境の反面、寒い冬でも一年中、カビやダニの発生の危険があるということなのです。

安全性抜群で強力パワーの防カビ剤「セナ」で快適生活を!

一度カビが発生してしまうと、あっという間に増殖し完全に除去することが難しくなります。そうならないために、新築のときにしっかりと防カビ対策をしておくことが大切です。
防カビ剤「セナ」で新築の住居をカビから守り、長くきれいな環境で、健康的な生活を送りましょう!

» 防カビ剤セナの脅威の実力について詳しくはこちら