クローゼットがカビ臭い? 衣替えのシーズンにしておきたカビ対策

夏服から冬服へ。洋服の衣替えをしていたら、何だかしまっていた洋服がカビ臭いかも…なんてことありませんか? 半年以上もクローゼットに入れたままで、最悪の場合、カビが生えたり虫に喰われたりしてしまうと、お気に入りの洋服も着ることができなくなってしまうことも。今回は、衣替えの時に行いたい、カビ対策についてご紹介します。

しまう洋服はきちんと洗濯&乾燥

クローゼットにしまう洋服は、洗濯をしたりクリーニングに出したりして、きちんと汚れを落としましょう。汚れている場所は、カビや虫にとっては栄養満点の場所なので、汚れている場所からカビが発生したり、虫に喰われやすくなります。また、洋服に湿気が残っているとカビが生えやすくなるので、きちんと乾燥させてからクローゼットにしまいます。見落としがちなのが、クリーニングに出した衣類です。ビニールに包まれた状態では湿気がこもっているので、一度干してからしまうようにしましょう。

クローゼット内も換気&カビ対策

クローゼット換気

衣替えを行なった後は、あまりクローゼットを開けないという方も多いかもしれませんが、クローゼットは天気の良い日に開けて、換気を行うことでカビ対策をすることができます。湿気のこもりやすいクローゼットには、あらかじめ除湿剤などを置いて、湿気対策をするのも良いでしょう。また、クローゼットの扉を開けて換気をしても、クローゼットの中に洋服などがぎゅうぎゅうに詰まっていると、空気の入れ替えができません。洋服と壁の間に空気の通り道ができる程度に、余裕を持ってしまうようにしましょう。

セナコート&セナバリア でクローゼットのカビを防ぐ

クローゼットのカビ対策をしても、大切な洋服にカビや虫喰いが発生しないか不安。。。という方は、防カビ剤「セナコート」&「セナバリア」を合わせて使うことをお勧めします。洋服など、衣類のカビを防ぐ「セナバリア」と、住宅のあらゆる場所のカビを防ぐ「セナコート」で、カビの発生をダブルで防ぎます。どちらもスプレータイプで手軽に使えるので、ご家庭に1本ずつ常備しておくことをおすすめします。

セナコート&セナバリア

>>「セナバリア」&「セナコート」がセットになった「新築祝いセット」


カビストップ_ロゴ

運営会社:株式会社アイポケット
フリーダイヤル 0120-00-4448(平日 10:00〜18:00)
お問い合わせはこちら