大切な帽子のカビを防ぐ、正しい収納方法とは?

クローゼットにしまったお気に入りの帽子。久しぶりに使おうと出して見たら、なんだかカビ臭い…なんてことありませんか? 今回は、帽子のカビを防ぐ正しい収納方法をご紹介します。

帽子の汚れを落としてから収納

帽子にカビが発生する原因は、帽子に残った汚れと湿気が大きな割合を占めます。クローゼットにしまって、長期間使わなくなる場合は、帽子についた汚れを落としてからしまいましょう。表面についた汚れはブラッシングする程度でOKです。汚れのひどい箇所だけでなく、帽子の内側の頭に接している部分は汗で汚れているので、硬く絞ったタオルで汚れを拭き取って陰干しをします。

風通しの良い状態で収納しておく

収納する際には、湿気のこもらない風通しの良い状態がおすすめです。乾燥剤や除湿剤を入れた、専用の箱に入れて保管するのが、型崩れも防いでくれるのでベストです。虫喰いなどを防ぐために、ビニール袋などに包んでいる方もいるかもしれませんが、湿気がこもりやすくなるためあまりおすすめはできません。

「セナコート」を使って、帽子のカビも防ぐ

万全の対策をしていても、大切な帽子にカビが生えて欲しくない! という方には、衣類や布類、革製品にも使える防カビ剤「セナコート」がおすすめです。「セナコート」は、高い防カビ性能に加え、国内公的機関の安全性試験に合格した高い安全性を誇り、小さいお子様やペットのいるご家庭でも安心して使えます。1本で帽子や衣類、布団やクッション、カーテンやカーペットなど、様々なアイテムの防カビに役立つアイテムなので、ぜひお買い求めください。

>>「セナコート」アイテム一覧はこちら


カビストップ_ロゴ

運営会社:株式会社アイポケット
フリーダイヤル 0120-00-4448(平日 10:00〜18:00)
お問い合わせはこちら