皆さまから寄せられるよくあるご質問にお答えします。ご不明な点がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

Q.セナってどんな防カビ剤なの?

A.今までの防カビ剤の数々の問題点を克服した、実力ナンバーワンの防カビ剤です。人体や環境に安全でありながら、強力な効果が持続します。
» 詳しくはこちら

Q.セナはどのくらい強力なの?

A.カビが何度もしつこく発生するのは、1種類のカビを除去してもまた次々に別のカビが発生するからです。
セナは、住環境・生活シーンのあらゆる有害なカビや細菌661種を防ぐので、カビが繰り返し発生しません。
» 詳しくはこちら

Q.セナは本当に安全なの?

A.各公的機関の試験でも高い安全性が立証されており、その安全性は折り紙つきです!
赤ちゃんやペットが触れる環境でも安心してご使用ください。
» 詳しくはこちら

Q.セナの効果はどれくらい持続するの?

A.JISより厳しい試験方法で5 年以上の効果を確認しています。一般のご家庭では年1 回程度使用するだけで、強力効果が持続します
» 詳しくはこちら

Q.セナシリーズそれぞれの効果持続期間は?

A.セナバリアは基本的に約1年、住環境の状況がよいと2~3年はもちます。
セナコートは約3か月~半年、状況がよいと1年はもちます。
セナシールドは約1年です。

Q.セナは一般的な除菌剤や殺菌剤、防カビ剤とどこが違うの?

A.セナはカビ防除のメカニズムそのものが違うので、バリア効果や耐性菌ができにくいなどさまざまな機能をあわせもっています。
» 詳しくはこちら

Q.セナの成分は何でできているの?

A.有機系の単品抗菌剤を複数合成した複合剤です。製品には「ピリジン系」の抗菌剤と記載しております。

Q.セナシリーズの使い方は簡単?

A.スプレータイプのセナコート・セナバリアならシュッと一吹きするだけ、コーティングタイプのセナシールドなら付属のスポンジで塗るだけで、どなたでも簡単に防カビ対策が可能です。
» セナシリーズの詳しい使用方法はこちら

Q.セナバリアの使用量の目安は?

A.セナバリアの使用目安は、1㎡につき約80~100mlです。300ml入りのスプレータイプ1本で約3㎡(約2畳分)使えます。
6畳のお部屋に使う際は、300mlのスプレータイプで約3本必要となります。広い面積でのご使用は、2L入りや4L入りの大容量ボトルタイプがおすすめです。

Q.水まわり専用のシリーズはあるの?

A.ございます。コーティングタイプの水まわり専用、セナシールドをお使いください。
湿気の多い浴室や洗面所、キッチンなどはカビの温床です。きれいに掃除してもいつの間にかまた黒カビが……。そんな場所にもセナシールドを使えば、いつもピカピカです!
» セナシールドについて詳しくはこちら

Q.他の製品で、浴室では水に流れてしまうので2~3週間ごとにメンテナンスが必要というものがありました。セナシリーズは浴室でどのくらい効果を持続できますか?

A.セナバリアは大変水に流出しづらい成分でできていますので、洗剤をつけてゴシゴシ洗わない限り、2~3週間でメンテナンスが必要ということはありません。ですから浴室の壁や天井では長期間安定した性能を発揮します。しかし、浴槽は洗剤でよく洗う部分なので、セナバリアでも数回の洗浄で取れていきます。

Q.浴室の防カビをする場合、セナバリアとセナシールドどちらがいい?

A.浴室の場合、浴槽、床などはセナバリア、排水溝や壁などはセナシールドをお使いください。セナシールドを浴槽や床に使用すると大変滑りやすくなるので、使用しないでください。

Q.セナは布団や衣類などにも使えるの?

A.はい、使えます。セナは、防カビはもちろん、抗菌、消臭にも高い効果を発揮します。高濃度の原液でも高い安全性は実証済みなので、身の回りのものにも安心して気軽にスプレーしていただけます。
布団や衣類などの身の回り品には、セナコートをお使いください。
» セナコートについて詳しくはこちら

Q.セナはスプレー以外での使用はできる?

A.布に含ませて拭く、刷毛・ブラシ・ローラーなどを使用する等ができます。施工面が多い場合は、園芸用の噴霧器を使用すると便利です。

Q.防カビ剤とカビ取り剤の違いは?

A.防カビ剤は、カビの繁殖を防ぐものでカビを死滅させるものではありません。カビ取り剤は、カビを死滅させるだけで繁殖を防ぐことはできません。

Q.カビを取るにはどうすればいいですか?

A.カビ取り剤を使用してください。一般的にカビ取り剤は、漂白剤と殺菌剤があります。漂白剤は基材やカビの色素を漂白し、カビを死滅させてきれいな状態にしますが、有害なガスを発生させるので基材を劣化させる恐れがあります。
殺菌剤はエタノールが該当されます。殺菌剤は有害なガスが発生しないので基材の劣化はありませんが、カビの色素は残ってしまいます。

Q.珪藻土の壁にカビが発生し、何度か市販の防カビ剤を使用しました。除湿機で湿度を50%程度に保っていても、気づくとカビが発生しています。どうすればよいですか?

A.珪藻土はアルカリ性が強いので最初はカビが発生しづらいのですが、年月の経過とともにアルカリ成分が抜けていくために、カビが発生しやすくなります。
また、珪藻土のカビは深く浸食しているので、軽く削ったり少量のアルコールを使ったりしただけでは滅菌しきれません。カビ処理をしたつもりでもすぐにカビが発生するのは、表面的な処理だからだと思われます。
効果的なカビ処理法としてはまず、1㎡あたり100ml以上の消毒用エタノールで壁を十分に滅菌します。エタノールが完全に乾いたら、壁に付着したカビを取り除きます。最後にセナバリアも同様、1㎡あたり100ml以上を十分に珪藻土に浸透させてください。セナバリアが完全に乾いたら、作業終了です。
除湿機は、セナバリアの成分で珪藻土内部が湿っているため、施工後もしばらくはお使いください。
このような処理をすれば、3年以上は防カビ効果が保てます。

Q.賃貸マンション居住です。玄関内側ドアからの結露が2年前から始まり、玄関シューズボックスの中の靴、北側の部屋の収納内の服、西側の部屋の押入れなどにカビが発生。
わが子のように可愛がっている犬にも咳が出て、私や主人も悪寒や鼻水などの症状を発症し、医者からはカビが原因との診断。
ひとまずキッチンの換気扇を強で24時間回し、空気清浄機4台をフル稼働させてどうにか玄関ドアと窓の結露は止まったものの、カビ自体はカビ取りシートなどを使用してもおさまらず、ホームセンターなどで売られているものは犬に有害で使用できず、大変困っている状況です。

A.セナバリアなら、このような状況下でも使用可能です。
お客さまで押入れの白カビを除去し、防カビしたら赤ちゃんとご主人の咳と鼻水が止まったという例もございます。
発生したカビを除去し、セナバリアを結露とカビ発生箇所中心に使用してください。セナバリアを施工した箇所は、犬が舐めてしまっても心配ありません。
また、家の方に症状が出るようなレベルですと、見た目にはカビがないように見えても、かなり広範囲にカビの発生があると想像されます。部屋の消毒と清掃、カーテンなどのクリーニングもおすすめします。

Q.1~2か月に1回訪問する別荘のカビに悩んでいます。
ソファや布団の他、わらや葦など天然素材のものがカビてしまいます。1~2か月効果が持続し、これらの防カビに適した商品を教えてください。

A.わらや葦などの天然素材、建物や建材、家具にはセナバリアをおすすめします。布団はセナコートをおすすめします。
注意書通りにご使用くださればセナコートは1年以上、セナバリアは数年効果が持続します。

Q.セナが使えないケースはありますか?

A.食品そのものへの使用、人体への使用は食品添加物や医薬品としての認可がないため使用できません。
物理的なケースでは、セナバリア・セナコートで
・撥水加工されている基材
・水をかけて色がにじんだり変質したりする基材
・溶剤系塗料
・金魚などを飼う水槽やその水
・生け花の水(かなりの少量なら逆に有効)
セナtype-Mで
・溶剤系塗料
・一部の水系触媒コート剤(添加型はホームセンターなどで販売している水性塗料なら添加可能)
高価なものやデリケートなもの、特別なものに使用する場合は、目立たない部分で試してからご使用ください。

Q.新築でも防カビ剤は必要?

A.新しい住まいにこそ、防カビ対策が必要です!
特にマンションなど鉄筋コンクリートの新築の建物は、コンクリートが完全に乾いていないため水蒸気が多く、カビが非常に発生しやすい状態になっています。
戸建て住宅でも最近の建物は高気密・高断熱のつくりになっており、カビや雑菌の繁殖に好条件となっています。
一度カビが発生してしまうと日を追うごとに増殖し続け、完全に退治することが困難になります。そのためにも新築のうちにしっかりとした防カビ対策で、マイホームを守りましょう!
お家まるごとの防カビ対策なら、新築・リフォームセットがおすすめです。
また、プロによる防カビ工事も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

防カビ工事について詳しくはこちら
» プロに任せて安心施工
» 防カビ施工をお考えの業者さまへ